4章・漆器組合の理事長に就任 4-1 塗師屋の仲間組織 | 輪島塗の稲忠

2021/10/10 18:05

 輪島塗業界をたばね、漆器産業を振興させるために、輪島の町には漆器商工業協同組合がある。

藩政中期ごろから輪島の重要な産業となり、藩政末期から今日まで一貫して輪島の主幹産業として命脈を保ってきた輪島塗は、文字通り輪島の歴史の金看板といえる。

産業の振興には、個々の業者の創意と努力が必要であるのはいうまでもないが、業界全体が一枚岩となって対処しなければ解決しえない問題も多い。まして輪島の漆器業界のように、漆液の問題ひとつとってみても、業界全体がまとまっていなければ、安定供給ができないのである。

輪島塗はいつの時代においても、住民みずからが苦難を乗り越えて今日を築いてきたのである。藩政時代においても、なんら体制の庇護の下にあったわけではない。輪島塗が今日まで累々と町の主産業となりえたのは、奥能登の厳しい風土の中で、地域住民全体が生活してゆくための、最大公約数的な手段であった。

輪島は古より奥能登の中核地として栄えてきた。室町時代から藩政初期までは素麺の産地として知られた。そして素麺にとって代わり、徐々に漆器が産業の中軸になってきたのである。狭い土地で人口が多く、その上重税が課せられた地域住民が、もっともしたたかに、賢く選択したのが『輪島塗産業』であった。

気候風土において、ことさら輪島という土地だけが適地であったわけではない。

唯一あげるならば寛文年間(一六六一〜)に発見された『地の粉』であろう。

地の粉を漆に混ぜて下地塗りを施すことにより、たぐい稀な堅牢漆器が誕生したのである。輪島塗が今も昔も高価額商品であることに変わりはなく、品質の高さが切り札であった。時代とともに浮き沈みはあったものの、何時の世にも他産地との競合に振り落とされることなく今日にいたった。

そして時代とともに、塗師屋仲間がお互いの共通課題を解決し、連携を保つために組織をつくってきた。

藩政時代の天明年間(一七八一〜)には大黒講、天保年間(一八三二〜)には遐福講、明治になって遐福社、ついで輪島漆器営業者同盟となり、さらに明治三十三年から昭和十五年までの間は輪島漆器同業組合が組織された。その後輪島漆器工業組合となり、戦時下には輪島施設組合と改組された。

そして昭和二十二年、新憲法のもとずく商工業協同組合法によって、輪島漆器商工業協同組合が結成されたのである。


次へ 4-2火中の栗



----- 目次 -----

1章 故郷三河の稲垣家

 1-1 矢作川と稲垣家

 1-2 学問ひとすじ 祖父真郎

 1-3 人生謳歌、父隆三郎

 1-4 おいたち

 1-5 収蔵品の虫干し

 1-6 現代の稲垣家


2章 塗師屋への道

 2-1 クリーニング店に住み込み

 2-2 はじめて外商にでる

 2-3 輪島の地を踏む

 2-4 三重で漆器外商、そして結婚

 2-5 忠右エ門を名乗る

 2-6 輪島に移住し、塗師屋となる

 2-7 かけだし時代

 2-8 岩津のおてつさん

 2-9 飛騨古川町の青龍台を塗る


3章 苦闘の時代

 3-1 漆塗り軍需水筒で戦後につなぐ

 3-2 行商三昧

 3-3 能登観光の黎明と水害受難


4章 漆器組合の理事長に就任

 4-1 塗師屋の仲間組織

 4-2 火中の栗

 4-3 組合再建への礎に

 4-4 高松宮妃殿下を迎える


5章 漆器と観光の船出

 5-1 観光時代の到来

 5-2 カニ族のたまり場

 5-3 塚田海岸に進出、稲忠漆芸会館開設

 5-4 居眠り旦那と道路の稲忠さん


6章 逝去、子息らに夢を託して

 6-1 ボーリング場跡地を購入

 6-2 民夫社長を指名、会長になる

 6-3 七十四歳の誕生日

 6-4 病床でキリコ会館の開設を見る

 6-5 初秋に逝く

 6-6 没後十年、創業六十年