輪島塗の稲忠 アクセシビリティ

稲忠題字 前史雄書輪島塗の稲忠 

輪島塗漆器 玉虫の羽を用いた蒔絵作品


当サイトは、より多くのお客様に快適に当サイトをご利用いただけるようアクセシビリティの向上に努めてまいります。

アクセシビリティとは、高齢者や障害者、および一時的に障害のある人等を含めて、全てのユーザーが同じように情報やサービスを利用できることを表す言葉です。

アクセシビリティに関する世間の動向を見てみると、アメリカで2001年に法律が施行された他、世界各国で法制化・規格化が推し進められています。日本においても、2004年にウェブアクセシビリティに関する日本工業規格(JIS)が制定されたことにより、アクセシビリティに対する取り組みへの注目度は急速に高まってきました。

当サイトは、アクセシビリティを確保するため、誰にとっても使いやすく、わかりやすいウェブサイトの構築・運営に努めています。

輪島への愛

おかげさまで、皆様から「輪島塗漆器の稲忠」としてご愛顧をたまわり、輪島の店舗では輪島塗製造工場の見学施設を皮切りに、能登半島や輪島へ観光にこられる方の、旅の一助となれるよう、観光のほうにも取組んで来ました。

そんな私達の地元を愛する気持ち具現化するため、昭和54年には、稲忠漆芸会館の並びに能登のお祭り館「キリコ会館」を創建致しました。輪島へお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいませ。


能登のお祭り館 キリコ会館の案内

能登のお祭り館 キリコ会館 』はこちらから。